詐欺被害・調査
サイボーグ009NAVI
『サイボーグ009』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
ゼロゼロナンバー
008

声優
野田圭一
戸谷公次
岩田光央

キャラクター解説
本名:ピュンマ。22歳(旧設定21歳)。8月20日生まれ。アフリカ出身[4]。当初の設定では、元々はアフリカの原住民の青年で、奴隷狩に遭い逃げている時にブラックゴーストに発見され、奴隷商人からは助けられるが、そのまま拉致されて改造手術をされてしまう。ただし、現在ではこれらの設定は問題があるとして変更され、平成アニメ版では祖国の解放運動に身を投じたゲリラの闘士(後述するように、石ノ森の原作にあった設定を生かしている)だったが、罠で自らの部隊メンバーを失った上に、ブラックゴーストに不意打ちを受けて攫われてサイボーグにされたと設定されている。深海活動用に改造されたため、水の中で素早く活動できる推進能力や人工のえら、深海の水圧をはじめとする高重圧環境に耐える皮膚と内臓を持ち、「半魚人」とあだ名される(アニメ第1作では戦闘時に水を吐く描写もあった)など、水中活動だけなら他の全員を凌駕する。地底帝国・ヨミ編の冒頭で敵の超音波攻撃で首から下をバラバラにされる重傷を負った結果、ギルモア博士の緊急手術を受けて、首から下の全身を銀色のうろこ状の肌に改造された(水中での能力のパワーアップのため)が、ピュンマ本人は当初あまりに人間とかけ離れた自分の姿にショックを受けて落ち込み、フランソワーズがギルモア博士のこの行為(アニメでは今後の戦闘で死んで欲しくない一心で能力強化のため銀色の身体にしたと説明。ただし、原作では当時の社会背景からか「(人種差別を受ける)黒い肌よりも良いのではないかと考えて」改造したという趣旨の発言もある)に対して、「彼(ピュンマ)は自分の黒い肌に対して私たちが考えるような引け目を持っていません!」などと厳しく非難する描写もあった(昭和期の2度のアニメ化ではこのエピソードについて触れていない。また、原作では「海底ピラミッド編」「裸足のザンジバル編」で元の黒い肌に戻っていることが確認できる)。非戦闘時は祖国でパークレンジャー(公園管理官)として働いている。自身は大学まで行っているため教養も高く、大陸の貧困や偏見・迷信を解消しようと努め、アフリカの自然を守ろうと考えている真面目な青年。原作でも祖国独立の為ゲリラ戦に従事していた時期もあった(その際に両親と妹を殺されている)とされており、平成アニメ版ではこれを生かして先述のように背景設定が変更され、また戦闘のプロでメカや武器の扱いについて自信を持っているとされている。そのため劇中ではサイボーグたちが使用する万能戦艦・ドルフィン号のメインパイロットとして活躍する場面も多い。原作ではネグロイド系人種の特徴が極端にデフォルメされた(当時としてはありがちな)キャラクターデザインだったが、劇場版『超銀河伝説』制作の際、脚本協力ジェフ・シーガルが、「アメリカ輸出のときに人種差別と取られる」とアドバイスした。これにより、『超銀河伝説』以降の008のキャラクターデザインは、キャラクターデザイナーの手によって変更されている。
出典:Wikipedia
003
004
005
006
007
009
アイザック・ギルモア博士
コズミ博士
ガモ・ウィスキー博士
ガンダール

懐かしいアニメ漫画HOME
鉄人28号 サイボーグ009 銀河鉄道999 エースをねらえ! 三つ目がとおる 鉄腕アトム 天才バカボン キャンディ・キャンディ マジンガーZ カムイ伝 プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

サイボーグ009NAVI
恋愛ゲーム 育毛・発毛・ヘアケア 暇つぶし 洋画アクション 無印 家具 一本化 声優